ゆずいろ幸福論

幸せとか楽しさとか・・・心地よさを求める日々のブログ

私が神社やお寺に行く理由7つ ~お参りや御朱印以外~

f:id:yuzuriha0620:20200710210759j:plain


こんにちは、ユズリハです。

 

私は無宗教で信仰心も中の中、神さまや宇宙との交信ができるフシギな力などもない平凡人ですが、神社やお寺によく行きます。

初詣以外は行かないなぁという方向けに、私が参拝する理由をご紹介します。 

何か特定のお願い事が無くても、お参り以外でいろいろ楽しめますよ!

お願い事のある方は、以下の記事もぜひ読んでみてください。

 

yuzuriha-pursued.hatenablog.com

  

yuzuriha-pursued.hatenablog.com

 

 

【もくじ】

 

 

1.女性ひとりでも気軽に登山やハイキングができる

まずはこれです。

私はゴリゴリのアルピニストではないのですが、ひとりでフラッと、ちょっとした日帰り登山やハイキングに行きます。

軽い気持ちで行きますので、服装も、旅行のときの延長のような格好です。

そして、なんせ女性ひとりですので、だーれもいない本格的な山に分け入るというのは、非常にリスクがあります。

登山やハイキングに軽い気持ちで行きたいけれど、何かあったときの知識はないし、変な人に出くわしても困るというタイプです。

クマなど野生動物にも注意が必要ですね。

そんなとき、本殿の裏に山がある、または山の上に本殿がある神社などを選びます。

このような山なら参拝客がたくさん山頂を目指していますし、入り口までのアクセスも良好なことが多いです。

埼玉の三峯神社や、奈良の大神(おおみわ)神社が、ほどよい登山具合でおすすめです。

山自体がご神体とされているところもあります。
敬虔な気持ちで入山させていただいています。

 

2.アロマ効果でリラックスできる

都心の社寺はビルの間に挟まれていたり、ビルの2階にあったりします。

おおよそ自然とは程遠いですが、少し郊外に行けば、森に囲まれ緑豊かな環境にあるところは多いです。

森の中にはヒバやヒノキなど、アロマ効果のある樹木もたくさんあります。

建築そのものに使われていたりもしますね。

どちらも疲労回復や安らぎを与えてくれる効果があります。

また、そもそも木を見るということ自体がストレス解消などの効果があるそうです。

メンタリストDaiGo氏もおっしゃていましたよ。

科学的データにも表れているようです。

私は都会のど真ん中にありながら広大な敷地を有し、気軽に立ち寄れる明治神宮の「鎮守の森」がお気に入りです。

自然の中でリラックスしていると、パソコンの前では思いつかないアイデアが浮かんできたりするものです。

 

3.映える写真を納得いくまで撮れる

お寺や神社の境内では、季節の花も見ものです。

大人気大混雑のところでは難しいかもしれませんが、ひっそりと静まり返った社寺であれば、人の映り込みなしで、花や建築物の写真が撮れます。

撮影のために順番待ちをしなくてもいいし、風が吹いてブレたりアングルがいまいちでも、何度でもゆっくり撮影ができます。

近所の住宅街にある神社は季節ごとにたくさんの種類の花が咲き、葉っぱの色も変わり、全く別の場所のような変化があって、よく散歩しに行っています。

 

4.運試しなどアトラクション的要素を試せる

運試しといえばおみくじですが、場所によってはもっと参加型のアトラクションが楽しめます。

よく見かけるのは、「おもかる石」です。

これは、自分の夢や目標の達成難易度がわかるというドキドキものの占いです。

たいてい、一見それほど大きくない石なのですが、両手で持ち上げると、これが結構重たいです。

想像したより重ければ夢や目標の実現は難しく、軽く感じれば叶うのはもうすぐかも!という判定をセルフでできる、ありがたいシステムです。

東京だと王子稲荷神社や、京都なら伏見稲荷大社など、全国にたくさんあるようです。

おもかる石以外にも、日本遺産に認定された高尾山にある薬王院周辺には、グルグル回せる石車とか、願いが叶うという石でできた輪くぐりなどがあって、友達と行っても楽しめますよ。

 

5.比較的まじめな婚活ができる

今や多くのお寺や神社で婚活イベントが催されています。

東京だと、浅草の今戸神社に縁結び会なるものがあり、有名です。

私も行きました!

なぜ街コンや婚活パーティではないのかというと、なんとなく性格的にまじめにお付き合いを考えている人が集まりそうだと思ったからです。

この手の集まりには本来の目的ではないことを企む人種も多く含まれているのが特徴で、マルチやおかしな宗教へのお誘いが付き物のようです。

ちなみに私は、隣の席だった女性と仲良くなりました(笑)

 

6.結婚式を見て幸せのおすそ分けがもらえる

タイミングが合うと、伝統的な神前式を見ることができます。

白無垢姿の花嫁さんを見ると、思わず声が出ますよね。

自然と「おめでとー!」という言葉が出て、見ているこちらもちょっと幸せな気持ちになります。

明治神宮や、同じく東京の日枝神社ではよく見かけますが、以前淡路島に旅行した時、小さな神社で見た挙式は、なんだかとても心に残りました。

 

7.アートな鑑賞ができる

私的には、昔の絵や奉納品を見るのが結構楽しいです。

山の上にあるお寺なんかだと、天狗のお面があったりしますし、

木の板に描かれた絵は奉納されたもので、タッチがユルかったり、これは・・・?というナゾの表現があったり、昔の人ってセンスあるなぁと感じます。

楼門などの上の方にペタペタ貼ってある、千社札という、名前の書いた紙を見るのも好きです。

これは参拝の記念として自分の名前を残し、御利益をいただこうとしたものだそうです。

どうやってあんな高い場所に!?と驚きますが、どうやら専用の折り畳み式の竿を伸ばし、刷毛にのりを付けて貼ったようです。

日光の眠り猫のような彫刻類も、一見の価値ありです。

想像上の生き物が、クールでリアルに表現されていて、雨ざらしになっているのがもったいないと感じます。

群馬県榛名神社の双龍門の扉の龍は、クルッと輪になっていて顔もあまり怖くなく、今まで見た中で一番気に入りました。

f:id:yuzuriha0620:20200710210831j:plain

榛名神社の双龍門の龍!かわいい!

 

いかがでしたしょうか。

最近は御朱印集めが流行っているようなので、気軽にいろんな寺社に行く人が多いと思います。

厄除け祈願や初詣、七五三などの特別な節目やイベント以外にも、いろいろ楽しめる方法をご紹介しました。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

↓↓↓ よろしければ★ポチっ★とお願いいたします ↓↓↓

 

プライバシーポリシー